バリアフリー

介護のためのリフォームには補助金があります

介護保険では、20万円まで9割の補助が受けられます。また、自治体ごとの助成制度もあります。介護保険制度では、「要支援」または「要介護1〜5」と認定された在宅の方で、住宅の改修・リフォームが必要な人に対して、一生涯で20万円まで、住宅改修費用の9割を補助してくれます。

ただし、改修内容についての条件があり、ケアマネージャーさん等との相談が必要です。また、各自治体で、高齢者住宅改修支援制度障害者住宅改造費助成制度などが定められていることもあります。支援内容は自治体によって異なりますので、自治体の相談窓口にお問い合わせになることをお勧めします。

Page top

補助金が出るリフォームの条件

介護保険が適用になり、補助金が支給される改修は次の通りです。

手すりの取り付け
玄関、廊下、階段、トイレ、浴室、洗面所などの屋内に設置する手すりのほか、出入り口から道路までの屋外手すりにも適用されます。
床段差の解消
引き戸レールや敷居の段差を撤去したり、玄関や浴室、出入り口などの段差をスロープや踏み台、床工事などにより解消する場合に適用されます。
すべりの帽子、移動の円滑化等のための床又は通路面の材料の変更
車イスが利用しにくい畳床や、歩行時に滑りやすい床を、フローリングや固い床材などに変更する場合に適用されます。
引き戸等への扉の取替え
介護を必要とする人が開けにくいとされる開き戸を、引き戸やおれど、アコーディオンカーテンなどに変更する場合に適用されます。また、手首を傷めていたり、握力が低下している人でも操作しやすいドアノブや戸車の設置も含まれます。
洋式便器等への便器の取替え
和式便器よりも介護しやすく、かつ介護されやすい様式便器への交換や、便器の高さを変更する必要がある場合の洋式便器の取替えに適用されます。

Page top

本当に有効な介護リフォームのお手伝い

「介護保険を使える」「補助金が受けられる」などと言って、リフォームの契約を急かすことはありません。一部業者でそのようなことがあるようですが、注意が必要です。介護保険や自治体の助成制度を利用するためには、事前のしっかりとした打ち合わせが必要です。特に介護保険を利用する場合、ケアマネージャーや主治医の意見書などが必要になるため、リフォームの計画段階を丁寧にすることが大切です。
また、手すりの取り付けについて、安易に考える方がいらっしゃいますが、方麻痺やリウマチなどの症状がある方の場合などにおいて、手足の稼動範囲などを確認せずに手すりやドアノブを取り付けてしまい、まったく使えないものになってしまったり、逆に障害物となってしまい、顔や手足をぶつけてケガをしたり、手すりが邪魔になって車イスが通れないというケースもあります。そのため、当社では、手すり位置の移動を1回まで無料で行います。 実際使ってから「もう少し低いほうが・・・」といったご要望が出てきた場合も安心してご連絡ください。

最初に設置した際の穴などは残ってしまいますが、ご了承ください。

Page top

[会社名] 三島美建株式会社
[所在地] 〒286-0212
千葉県富里市十倉212-139
[TEL] 0476-94-0002
[建設業許可] 千葉県知事許可(般-21)
第45512号
周辺地図はコチラ>>
リンク集>>